株取引では、各社の売買手数料を知って効率のいい取引を行うことが重要

トレーダーが投資で利益を上げるために、手数料を抑えることは大切なポイントです。
株取引の売買手数料は、証券会社ごとに違います。
自分のトレードスタイルに合わせて、条件のいい証券会社を選ぶことが重要です。
例えば、一定金額以下の取引であれば、売買手数料を無料にしている業者もあります。

この場合は、その金額内の取引であれば手数料として有利です。
一定金額以上になれば、改めて他の業者と手数料を比較する必要もあります。
どの程度の金額で株取引を行うかによって、証券会社の選択に違いが出てきます。
少額取引の場合に手数料が安くなる業者もあれば、ある程度大きな額で取引する場合にコストダウンが図れる業者もあります。

また、手数料体系には、「1回の取引ごとにかかるプラン」と「1日の合計取引による定額制のプラン」があります。
この場合も、トレーダーの取引スタイルによって、どちらが有利かは変わってきます。
各証券会社の取引プランと、それにかかる手数料を必ず確認しておく必要があります。
手数料負担を軽くするためには、ネット証券の利用が有利です。
総合証券と比較して、格安の手数料がネット証券の特徴です。

オンラインですぐに注文ができるため、利便性の面でも使いやすさがあります。
総合証券のメリットとしては、電話からの取引注文も可能であり、証券会社の営業マンから投資アドバイスを受けることもできる点です。
しかし、そのため営業マンによる売り込みが行われる可能性があります。
ネット証券の場合は、投資商品を選ぶのはあくまで個人であり、営業マンから売り込みをかけられるようなことはありません。

もちろん、ネット証券でもメール案内などで投資商品が紹介される場合もありますが、個人に対する売り込みとは違います。
各社の手数料を調べる場合には、比較サイトが便利です。
一社ずつホームページを調べるのは面倒ですが、比較サイトであれば、各社の手数料を掲載した表ですぐに確認できます。

但し、各社の手数料はその都度変更になることもあります。
比較サイトによっては情報が古い場合もあるため、最終的には業者のホームページで現在の手数料体系を確認しておくことが必要です。

本格的な株取引を行う場合は、複数の証券会社に口座を開き、その時の取引内容によって、最も条件のいい証券会社を選ぶことも効果的です。
但し、この場合は投資資金が各社に分散されるため、管理が面倒になる点に配慮が必要です。
同じ株を同じ額で購入する場合でも、手数料によって実際に手にする利益が変わってくるため、手数料に対する意識は必ず持つことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました